忍者ブログ
コードギアスLostcolors、美人のライ受け絶愛プログ。まったり自己満足で書いております。
★ADMIN★
  ★ カテゴリー
  ★ ウェブ拍手

web拍手にあるのは、女体化ライ小説(絵含む)・現在6種類。女性化ライ・番外 スザク篇話追加


ギアスサーチ
  ★ プロフィール
HN:
ナッキー観音
HP:
性別:
女性
趣味:
BLゲーム/男主夢小説/小説書き
自己紹介:
(女性主権のBL編)(BL編)ライ・受ラブ同盟
別プログは、テキスト中心。
主に、LCライ受けの二次創作小説と名前変換無の夢小説[銀魂おおぶりテニプリ]等を取り扱っています。
↑別プログにて ルルライ話追加しました。二次創作(コードギアスLC、君に届け、黒執事、おお振り、テニプリ、銀魂)&BLとNLのオリジナルストーリーなどまいぺーすに更新中
  ★ お気に入り
Footprints-あしあと-
niphilim
Luz Del Sol
蝶の導く夢
砂上の楼閣
失われた色
海中庭園
pantomime
銀色の欠片
ColorLessYou
A-su
燃え尽きるまで。
V a n i t a t e
蒼の記憶
Corneille
Boys Dream Navi
男夢なび
男子学生同盟
コードギアスSSサーチ
好きキャラ受け同盟color
GAME情報+α
日向牢
Manimani
Sozai Doori
DMF別館 アイコン素材屋
 bbs
  人権擁護法案
無料掲示板
  ★ メール
ご意見・ご感想、リンク報告等あれば、記事内のコメント欄・拍手・BBSの中からお好きなところへ、どうぞ。
Powered by NINJA TOOLS
  ★ ブログ内検索

  ★ カウンター

リクエクトはライ受けのみ受付中
  ★ アクセス解析
[679] [678] [677] [676] [675] [674] [673] [672] [671] [670] [669]
★2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★2011/04/21 (Thu)
やらせてみたかったその1。生徒会の猫祭りリターンズで、
ミレイ×ライです。
お話は、続きからになります。

拍手を送る

もれなく私がついてきます


 放送で呼び出しを受けて、生徒会室の扉を叩いたライに、聞きなれない言葉をミレイから聞いた。


「猫祭り?」

「うん。ライはまだやったことなかったでしょ?。その時の写真を見た時、貴方興味ありそうだったから、学園にいる今のうちにやっておくのも~、思い出になるんじゃないかと思って・・・じゃーん! 用意してみました」


 テーブルに畳まれた置かれた衣装とネコ耳のついたカチューシャは、一度写真の中でみたものと同じでルルーシュが着ていたものに似てはあったが、色合いは白だった。


「準備が・・・いいですね」


 冷静に見ながらのライの反応に、ミレイは机に身を乗り出すように両手をついて目を輝かせる。


「ちゃんと貴方の制服と同じく、身体にちゃんと合わせたものだから、作り直す心配もなし。触ってもわかるとおり触り心地もいいのよ。どう?、ちょっとだけでいいから着てみない? 違う自分になるのも結構楽しいかもよ」

「僕よりも、ミレイさんの方が楽しんでいるように見えますが」

「そう見える? なんて、正直言っちゃうと私もどういう感じになるのか楽しみではあるんだけど、最終的にはライの判断だからね。此処で使われないのなら、また別の機会にってことになるわね~。私もそのときまでに学園にいられたら嬉しいんだけど」


 もうすぐ卒業も近いミレイが、後半どこか物寂しく表情で言うのに、ライはもう一度衣装を見つめ、小さく息をついた。


「・・・わかりました。衣装をお借りします」

「えっ、着てくれるの?」

「はい。といっても、人前で披露するにはさすがに躊躇いがあるので、ミレイさんの前だけでというのが条件です」

「やったぁ! それじゃあ、今から着替えてきて!」

「えっ、今から?」

「そうよ!。気が変わるうちに善は急げ、よ。あっちの部屋使っていいから!」


 生徒会室につながる一室を指差すミレイに、せっかちな人だなと苦笑を浮かべてライは頷いた。
 自分よりも期待に胸を膨らませ嬉々としているミレイをその場に残して、ライは衣装を手にしたまま着替えに入ったのだった。
 ミレイは衣装に興味を持ったと思ってはいるがそれは誤解だった。
 ライは自分がまだいない時の皆のさまざまな表情を見て、学園内のイベントとはどんな感じなのかという興味はあったが、それをもう一度自分がしたいとは思ってもなかったからだ。
 見ず知らずの人間を懐深く、受け入れてくれたミレイを中心に、生徒会にいる自分が当たり前の存在にされていることが、胸の奥で仄かな明かりが灯ったように、ライは心なしか嬉しく思うのだった。


【留め】

拍手[44回]

PR
この記事にコメントする
name★
title★
color★
mail★
URL★
comment★
password★ Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする★
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao